2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
う~む…
- 2006/09/23(Sat) -
アサギマダラ?と思ったけど、どこか違う蝶が飛んできた。
アカボシゴマダラだった。

近所で初めて見かけたのは今年の春。
とうとうここまで分布を広めたんだな、と複雑な思いにかられた。
今年はなんだかなんだで、春~夏はご近所散策をしていなかったので
その後見かけることはなかった。
久しぶりに近所を歩いてみたら、やっぱり出会ってしまいました。
しかも産卵中…
akaboenoki.jpg


アカボシゴマダラ、日本では奄美諸島に生息する蝶で、、、
でんでん…と、私が説明してもいいけれど、
アカボシゴマダラに関しては専門機関記事を読んだ方が早いと思うので
興味ある方は↓のURLか、ご自分でぐぐってみてください。
http://nh.kanagawa-museum.jp/kenkyu/alien/25.html


さらに産卵中…
akabolay.jpg

産卵シーンを見ながら、、、悩む。
やっぱり結局捕獲。
GX8

とりあえず持っていた携帯の請求書の封筒に(笑)アカボシさんを入れた。
つぶれてしまわないようにその封筒ごとコンパクトデジカメのケースに入れてた。
一応外来種関係の機関にどーすればいいのか問い合わせみたところ、
そのまま持っていて下さい。再放虫はしないでください。
とのことだった。
ほ~い。了解ですぅ。

その後、アカボシさんをつれたまま、
あれやこれや用事をすませ、買い物もして、散々持ち歩いた。
家に帰って、恐る恐る封筒を開けてみると、
アカボシさんはまだ元気に生きていた。
実は落ちていることを密かに願っていたのだが、、、
蝶はそう簡単には落ちない。結構タフ。
〆るかどうか悩んだけど、
結局プラケに入れてしまった。

昆虫ゼリーを美味しそうに食べた。
akaboshicase.jpg

死ぬまでここで飼う事になりそう…
スポンサーサイト
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<a dragonfly | メイン | 彼岸花とカラスアゲハ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://boardwalk.blog47.fc2.com/tb.php/131-03053cb2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。