2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蝶と遊んだ夏 その1
- 2006/09/04(Mon) -
高原のレジャー施設。
蝶が迷い込んで、脱出できなくなっている。
elcreensky.jpg

エルタテハ。

ミドリヒョウモン。
midoritrp.jpg


クジャクチョウ。
kujyakutrp.jpg

全部で7頭脱出できなくなっていた。
これも蝶達の運命かな?なんて思いつつ、
もしもこんな人工施設がなければ、この蝶達は今も自由に空を飛んでいたはず…
そう思ったら、蝶達をここから出してやらねば!
と思ってしまった。

さて、どーやって外に出してやろう?
ネット?
いや、ネットを取りに車まで戻るのはちとめんどーだし…
そのまま手で捕まえて外に出してやろうか?
それが一番簡単ではあるが…
実は私、、、蝶を素手で触った経験が全くなく・・・
リンプンが嫌と言うか、怖いんです。^^;
けど、このままこの蝶達が建物の中で息絶えるかと思うと、
なんだか命が勿体無いように思えた。
意を決して、素手で捕まえて逃がしてやるにした。

ドキドキしながらエルタテハをそっと手の上に載せて、
翅をゆびでつまんだ。
elhold.jpg

う~~~。私、生まれて蝶を自分の手で持っている…
ちょっと感動。
タテハの感触は、意外にも柔らかかった。
なんだかウサギの毛っぽい肌触り。
よく考えてみると当然よね、
エルタテハってリンプンと言うよりむしろ毛深いって感じだもんね。
elfur.jpg


お次はミドリヒョウモン。
おとなしく手に乗ってくれた。
空に放つ前にポーズも取ってくれた。^^
midoripose.jpg

クジャクチョウは五郎ちゃんが逃がした。
渋いアカがとても綺麗な蝶だ。
kujyakupose.jpg

やっぱり蝶は高原で力強く飛んでいる姿が一番いいね
スポンサーサイト
この記事のURL | タテハ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<蝶と遊んだ夏 その2 | メイン | やっと・・・>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://boardwalk.blog47.fc2.com/tb.php/118-6cb69303
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。